【回顧】紫苑ステークス2018 ◎ランドネ7人気3着

紫苑ステークス2018回顧

12.110.812.212.312.711.911.811.511.511.2
瞬発戦想定▼3±0▼3平坦戦

高速馬場でレコード決着。またしても上がり上位馬が上位に来るような流れ。上がり最速馬は、近4年で全て馬券絡みしています。開幕週から差し届くことには変わりないですが、あまりに後方からだとさすがに届きませんね

「500万下なら上がり最速、1000万下なら上がり3位以内」というポイントを挙げましたが、今回は来ませんでした。それよりも、ここは「オークス出走組を狙う」というのが正解かもしれません。前述したような前走条件馬も、その前はオークスを使っている馬ばかり。それでなくても、重賞経験はあった方が良さそうです。来年以降はこのポイントを抑えていきたいですね

1着(14)ノームコア
⇒これまでの番手からの競馬ではなく、今回は4,5番手からの競馬。鞍上曰く、「これまでは2番手で走っていたけど、馬の後ろを取りたかった。向こう正面で風が強くて、カバーが欲しくてね。4コーナーで抜けるときは、すごくいい反応だった」とのこと。後傾ラップでしたが、持続的な脚が求められる流れ。直線ではあっさり抜け出して完勝。このメンバーでは力が一枚上だったような内容ですね。秋華賞でも普通に有力でしょう

2着(1)マウレア
⇒道中は内で脚を溜め、4コーナーでスムーズに進路を確保し、ラストはきっちり伸びる。これまでと変わらず、爆発力はないけど、毎回自身の力はきっちり出すようなタイプ。勝ち切れない競馬が続きますね。レース後に左前肢の跛行が認められたとのこと。秋華賞への出否は未定だが、出れてもあまり積極的には狙いたくないかな

3着(8)ランドネ
⇒本命馬だったが、期待通りの走りをしてくれたと思う。すんなり逃げられたのは大きいね。あの競馬であっさり差されるんだから、上位馬が強かった。上がり上位馬が1,2,4着だが、逃げたことがそこまで不利の印象はない。現状の力は出し切ったか

4着(3)パイオニアバイオ
⇒道中はマウレアの直後で、同じような競馬。マウレアとの差は、直線で外に出すのにワンテンポ遅れた分だろう。近走は位置取りが後ろになっているのは気になるが、叩いた方が良いタイプ。どこまで良化するか

5着(11)ハーレムライン【重め残り】
⇒桜花賞以来のレースでプラス26キロでの出走。成長分を加味しても、結果的には重め残りだった感じ。スッと好位につけられるようにレースは上手いし、叩いた次走はもっとやれそう。輸送をクリアできれば、秋華賞での穴候補となり得る

クイーングラスは、スタート出るも、道中は掛かり気味の追走で鞍上は手綱を引っ張り位置下げる。直線では包まれ、ラストもバテてはいないが伸びなかった。ちょっとちぐはぐな競馬でそこまで力負け感はない

オハナは、好位からの競馬で直線までは完璧だったけど、全く粘れず沈む。あの競馬を見せられると、やっぱり距離が長そう。マイル路線で改めて…

サラスは、良いものを持っているが、とにかく後方一辺倒で展開に左右される。直線でも追いづらい面があったけど、今回はさすがに後方から届くレースではなかったため厳しかった

馬券


この前までなら、1,2着馬を相手にぶつけていた可能性が高いレース。結果論ですが、3連単まで的中していたんじゃないかと、レース後はうなだれました。戒めとして、今回残しておきます

以上、紫苑ステークス2018回顧記事でした

【予想】紫苑ステークス2018 ◎ランドネ

2018年9月8日