《的中報告》【回顧】朝日杯FS2018 ◎クリノガウディー9人気2着

朝日杯FS2018回顧

12.710.911.712.411.811.311.211.9
瞬発戦想定▼5▼1△7瞬発戦

馬場的には、内・前有利な状況。トラックバイアスはかなり傾いており、上位馬はそれなりに恵まれていた。瞬発決着だったが、「▼5▼1△7」と大きな加速の生じない瞬発戦であり、それなりに持続力も求められたレースであったということだろう。

1着(6)アドマイヤマーズ
⇒無難にスタートを切った後は、前に断然人気のグランアレグリアを置く形。4コーナーではそのグランアレグリアに並びかけ、きっちり競り落としG1初制覇。これで4戦無敗の2歳チャンプ。立派ですね。その4戦はすべてマイル戦。ラップギアは「瞬4平0消0」の瞬発特化型だが、接戦となったレースが「▼12▼13△3」「▼4▼8△7」で、余裕ある勝利が「▼5▼4△6」「▼5▼1△7」となっている。つまり、瞬発特化型だが、大きな加速の生じないレースの方がパフォーマンスが高いということ。持続力寄りで、父ダイワメジャーそっくりなタイプだろう。馬キャラとしては頭に入れておきたい。

2着(1)クリノガウディー
⇒予想時に述べた内容は以下。
「前走の東スポ杯では先行して7着。その東スポ杯はメンバーが揃っていたこと、道中掛かって差し追込み決着を先行馬最先着という悪くない内容。今回は輸送なしで距離短縮。内枠も引けたし、折り合う可能性は高い。メンバー的には、グランアレグリアを除けば前走の方が上とみており、今回こんなに人気がないならここから入りたい。」
今回は展開、枠順がきっちり恵まれた好走だが、有力馬を視界に入れられる位置をきっちり取った鞍上の好騎乗もあった。鞍上は最近、こういう前できっちり勝負する騎乗が増えており、大舞台で信頼できる騎手になりつつある。まあ、前走の敗因をきっちり分析することができればここは重い印を打てたと思う。自分的には、今年のベストオブ本命であった。

3着(2)グランアレグリア
⇒いつものように前付けしており、道中も大きな不利はなし。4コーナーで勝ち馬に並びかけられた際に内によれたようだが、振り返ればこれまでは厳しいレースは経験しておらず、経験値という点で劣った形。それでも牝馬で牡馬相手のG13着なら及第点なんだろうが、人気がありすぎて物足りない結果ですね。まあ、単オッズ1倍台はやりすぎだったということでしょう。

4着(14)ファンタジスト
⇒枠順不利。今日の馬場でこの枠順は明らかに厳しかった。それは鞍上も述べているが、道中の位置取りがもう一つ前ならどうなっていたかというのは気になるところ。ともあれ、ローテーション的にも厳しかったはずで、不利材料を考えると良く走っている。今回はとにかく恵まれなかった。

5着(8)ディープダイバー
⇒スタート後は、枠の並びもあってか内の馬を前に行かせるしかなかったような感じ。4コーナーで斜行もしており、ちょっとちぐはぐな競馬だった。今回は5着だが、恵まれた方で過大評価禁物。1600mより1400mの方が良さそうな感じ。

エメラルファイトは、枠中も厳しかったがとにかく位置取りも悪かった。立ち回りが問われたレースで4コーナー大外ぶん回しでは、さすがに勝負にならず。それでもそれなりの着順に来ているように、能力は結構高そう。

アスターペガサスは、スタート出るもすぐに激しく掛かる。こうなってしまうと、この鞍上なら馬を御すのに位置取りを下げるしかない。そこは技術の差なので仕方ないが、直線も伸びずバテず。前走も距離延長で掛かる仕草があり、今回は再度の距離延長で掛かる不安はあった。1400m以下で見たいタイプで、次走以降は距離短縮なら狙いやすいか。

マイネルサーパスは、枠は良かったが後方で折り合い重視の競馬。今日の馬場ではこの位置取りでは明らかに厳しい。鞍上は戦前から不安であったが、期待を裏切らない騎乗。せっかくのチャンスを全く活かせておらず、非常にもったいない。

ドゴールは、いつものように後方から末脚に賭ける形も、今日の馬場ではさすがに厳しい。差し届く馬場なら浮上しそうだが、後方一辺倒でどうしても展開に左右される競馬が続きそう。

ケイデンスコールは、展開が向かなかったにせよ全く走っておらず、ここに向けて仕上がってなかった印象。次走以降仕切り直しといきたいが、そもそも新潟2歳Sは低レベルだった可能性が高い。

馬券

◎2,3着付けが綺麗に嵌った馬券。本線の馬券も取れて、回収率は7448%と過去最高回収率を達成。色々馬券を試しているが、自分にはこういう馬券が一番フィットする。やはり、当たった時に大きく回収することは、回収率100%超えを目指すには非常に大事だろう。チャンピオンズCでは○▲◎で決まってブログ公開馬券では1円にもできなかった(試し馬券は的中したが…)ため、リベンジ成功。やはり、G1の方が各馬勝負掛かっており、当てやすいですね。この勢いで有馬記念もぶち抜きたいです。

以上、朝日杯FS2018の回顧記事でした

【予想】朝日杯FS2018 ◎クリノガウディー

2018年12月16日