【予想】京都金杯2019 ◎ミエノサクシード

京都金杯2019予想

京都芝1600mのコース適性値は、「瞬5平5消0」で平坦戦を想定。過去5年は、瞬発決着1回、平坦決着4回でした

こちらも枠順ゲームになりやすいが、昨年は内一辺倒というわけではなかった。今年も内は警戒しつつも、それのみに捉われることなく予想していきたい。

京都金杯2019の印
◎:ミエノサクシード
○:パクスアメリカーナ
▲:サラキア
△:グァンチャーレ

ミエノサクシードが本命。前走ターコイズSは内を上手く回ってきた馬が上位に来ており、大外をぶん回した同馬には厳しいレースだった。それでも勝ち馬からは0.4差であり、評価できる内容。今回は輸送のない京都での競馬なら、巻き返してきそう。力はあると思うので、あとは少しでも流れが向けば馬券内は可能と見た。

パクスアメリカーナが相手筆頭。前走は久々の競馬ながらも、直線で追われるときっちり抜け出して圧勝。現状は、右回り>左回りとみており、今回のメンバーでも上位評価。

サラキアが3番手。秋華賞は期待したが、最後は距離的に厳しいような形で4着。今回の距離短縮は間違いなくプラスで、内枠も引けたため勝ち負け濃厚。ここはきっちり走ってくるのではないか。

最後に、グァンチャーレを抑える。7歳馬だが、ここにきて本格化の気配。前走は東京コースできっちり勝利しており、今回得意の京都ならここでも十分やれそう。馬体重が結構増えており、その辺の影響がなければ。

京都金杯2019の買い目
馬 単:○▲△⇒◎(3点)
3連単:○⇒◎⇔▲△(4点)
3連単:▲△⇒◎⇔○(4点)
3連単:○▲⇒◎⇔○▲(4点)
3連単:▲⇒○⇒◎(1点)

以上、京都金杯2019予想記事でした