【回顧】京成杯2019 ◎カフジジュピター10人気9着

京成杯2019回顧

12.810.912.512.012.9 – 13.0 – 11.811.811.412.1
瞬発戦想定±0▼4△7平坦戦
馬場⇒重め

ラスト4F目から急加速し、最後は持続力勝負。

次走注目馬
・リーガルメイン

1着(7)ラストドラフト
⇒前目から終始楽な手応えで抜け出し勝利。新馬戦は大きな加速の生じる瞬発戦を勝利しており、今回上がりが掛かる平坦戦がどうかと思っていたが、あっさりクリア。適性的にはこっち寄りだったんだろう。新馬からのローテで勝利は力がないとなかなかできない。

2着(5)ランフォザローゼス
⇒前目から。直線では勝ち馬に突き放されたが、同馬も良く走っている。毎回きっちり走ってくるタイプで、凡走が少ない。ただ、勝ちきるまでの何かが足りない感じはある。鞍上曰く、距離延長歓迎。

3着(2)ヒンドゥタイムズ
⇒こちらも好位組。全くロスなく立ち回ってのもので、幾分恵まれたか。それでも2戦目でこれだけやれてるので、その点は評価してもいいかな。

4着(9)シークレットラン
⇒ペースが遅く前が楽をしていた分、位置取りの差で敗れた感じ。まあ、力が抜けていたわけではないなかでの1番人気で、上手く乗れなかったって感じ。ただ、今日の流れだと仕方ないかな。

5着(11)リーガルメイン
⇒さすがにこの流れで最後方から競馬していては勝ち目なし。まあ、スタートが悪かったからね。それでも直線は大外からここまで伸びてきたのは立派。意外と能力は高そう。

ナイママは、戦前から示唆していたような差し競馬。まあ、今回は流れが合わなかったが、やっぱり前目からの方が良さそう。

カフジジュピターは、折り合っていたが伸びなかった。ちょっと不可解だが、あれで伸びないところを見ると、力が足りなかったのかなと。

ダノンラスターは、しんがり負け。3コーナーあたりでの手応えは良かったが、そこからズルズル後退。次走以降、手が出しづらい負け方。

来年へ向けて

これといってなし。若駒で適性が掴みきれないため、決めうちも、しづらい。持続力を見せてる馬は買いやすいけど。

以上、京成杯2019の回顧記事でした

【予想】京成杯2019 ◎カフジジュピター

2019年1月14日