【回顧】AJCC2019 ◎ショウナンバッハ9人気7着

AJCC2019回顧

12.511.512.712.612.912.812.411.711.810.911.9
瞬発戦想定△1▼9△10瞬発戦

次走注目馬
ジェネラーレウーノ
ダンビュライト

スローペース。距離は違えど、今年の菊花賞のデジャヴみたいだった。厳しいペースを刻むと思われたジェネラーレウーノ@田辺、スロー歓迎のフィエールマン@ルメール。うーん、展開読みが外れて残念な予想になってしまった。

1着(8)シャケトラ
⇒復活。1年1ヶ月ぶりでの勝利ですか。宝塚記念や有馬記念の走りを見ても、非根幹距離にかなりの適性がありそう。ただ、さすがに買えなかったー。4コーナーの手応えには痺れましたね。今年の宝塚記念あたりに出ればかなり面白い存在になりそう。

2着(4)フィエールマン
⇒4コーナーでマーフィーに蓋をされて、勝ち馬より追い出しが遅れたのが、最後差し切れなかった影響か。得意の瞬発力勝負だっただけに何とかしたかっただろうが、前哨戦としては悪くない内容。斤量も背負っていたしね。

3着(10)メートルダール
⇒鞍上マーフィーの積極的な競馬で、4コーナーではフィエールマンに蓋をする形。結局抜け出されたが、勝ちに行く競馬は見て取れた。馬自身は、これで延長ローテは(5-0-0-2)。ペースが緩む瞬発戦は大得意。前走はハイペースで苦しいレースだったが、今回はその分も楽に感じただろう。

4着(1)ジェネラーレウーノ
⇒レース後の田辺騎手のコメントは、「いい感じで運べたが、決め手勝負になってしまうとつらい。馬は頑張ってくれたけど、今はノーマークでは行かせてもらえないから…」とのこと。確か菊花賞時も聞いたよな。スローで行けとのオーダーが出ていたのかと思ったが、そうじゃないっぽいですね。苦手な瞬発力勝負で4着にきているように、能力はかなり高いはず。ただ、それを活かせない。一度、ヤネを変えてみてもいいかもね。

5着(11)サクラアンプルール
⇒良く走っている5着だと思う。近走はこれくらいの着順が続いているけど、それ以上は望みづらいか。

ダンビュライトは、ジェネラーレウーノ同様、苦手な瞬発力勝負で万事休す。適性外のレースが続いているため、評価下げの必要はない。スタミナ問われるようなレースでは積極的に狙うべき。もっと積極的な騎手に方がいいかも。

ショウナンバッハは、瞬発力勝負では分が悪い。平坦戦想定で狙ったため、この流れじゃ無理だった。

ミライヘノツバサは、平坦特化型。今回は適性外とみていいだろう。

来年へ向けて

  • 前目につけられるタイプ
  • 中山巧者

とりあえず、上記2点を中心に予想を組み立てたい。

以上、AJCC2019の回顧記事でした

【予想】AJCC2019 ◎ショウナンバッハ

2019年1月20日