【回顧】東海ステークス2019 ◎アングライフェン7人気6着

東海ステークス2019回顧

13.0 – 11.212.712.312.312.412.411.611.9
瞬発戦想定±0▼8△3瞬発戦

次走注目馬
・なし

スロー気味だが、道中は極端に緩む個所はなかった。やはり、このレースは前で競馬しないと厳しそう。

1着(4)インティ
⇒楽に逃げられたが、それでも手応えは終始楽。平坦馬だが、直線では▼8の瞬発力を使っており、好走レンジがなかなか広そう。もっと締まった流れでも十分やれるだろうが、今後は徹底マークにあった際どうなるか。

2着(3)チュウワウィザード
⇒2着に負けはしたが、同馬も十分強い走りができており、今後が楽しみ。馬自身、延長ローテの方が得意そうで、今回の短縮ローテはベストなローテではなかったはず。それであそこまで食い下がっているので、能力は高い。

3着(5)スマハマ
⇒骨折明けだが、藤岡佑騎手の積極的な競馬で3着。ラストは逆に突き放されたが、久々の競馬でここまでやれたんだから、次走以降楽しみ。

4着(10)コスモカナディアン
⇒枠は外目だったが、道中はインでロスなく進める。直線もそのまま内を突いたが、上位が強すぎた。割と上手く乗っていたが、上位陣が強すぎた。

5着(2)アスカノロマン
⇒同馬も終始内に拘る競馬だったが、全盛期と比べて明らかに位置が取れなくなっている。年齢的にも、もう厳しそうだ。

アングライフェンは、こちらが期待した通りに乗っていたが、ラストは届かず。レース的に前に行かないと厳しく、こういったタイプは狙ってはダメな感じか。

来年へ向けて

  • 内枠・好位組狙い

この1点突破で良さそう。

以上、東海ステークス2019の回顧記事でした

【予想】東海ステークス2019 ◎アングライフェン

2019年1月20日