【予想】チューリップ賞2019 ◎アフランシール

チューリップ賞2019予想

阪神芝1600mのコース適性値は、「瞬8平2消0」で瞬発戦を想定。過去5年は、すべて瞬発決着でした

桜花賞の最重要トライアル。阪神JF⇒チューリップ賞⇒桜花賞と全て阪神マイルで行われることもあり、人気馬がしっかり走りやすい。今年も阪神JFの上位馬が参戦しており、空いている席はあって1つかもしれない。

チューリップ賞2019の印
◎:アフランシール
○:ダノンファンタジー
▲:シェーングランツ
☆:マルモネオフォース
△:ノーブルスコア
△:シゲルピンクダイヤ
×:メイショウショウブ
×:ブランノワール

アフランシールが本命。新馬戦の勝ち方から重賞でも期待していたが、札幌2歳S、アルテミスSと結果が出ず。掛かりやすい馬だが、追走ペースは緩んだ方が良い感じでなかなか厄介なタイプ。重賞の二戦はペースが追走ペースが上がって自身は厳しいレースとなった。加えて、札幌2歳Sではかなり掛かり気味の追走も堪えた感じ。前走は距離短縮だったが、アルテミスSよりは追走ペースが遅く、それでいて折り合いもついていたため、条件は良かった。今回は少頭数で、ペースも再度緩みそう。折り合い面に心境が見られた現状なら、ここはかなり条件が向きそう。

ダノンファンタジーが相手筆頭。前走阪神JFは、距離延長ローテで厳しかったが、きっちり差し切り勝利。調子の悪かった鞍上でも勝てたように、この世代では頭一つ抜けた存在だろう。

シェーングランツが3番手。阪神JF4着馬。そのレースは、内枠から直線はごちゃつき捌くのに手間取ったのが響いた。エンジンの掛かりは遅いが、掛かってしまえば確実に伸びるタイプ。少頭数だし、今回も不利がなければ上位に来そう。

マルモネオフォースに穴で期待したい。未勝利脱出まで6戦を要したが、結構骨っぽい相手にいい勝負ができている。相手なりに走れるタイプで、今回前目から粘り込めれば馬券内があっても不思議ではないか。

ノーブルスコアは掛かりやすいタイプで、前走は距離延長ローテと厳しかった。それでも崩れていないため、同距離で挑める今回は更にやれそう。

シゲルピンクダイヤは、未勝利から怪我明け、瞬発実績なしと条件は厳しい。ただ、これまでの走りを見ると、力はかなりありそう。ここは腕試し。

メイショウショウブは、阪神JFでは展開不利ながらも上位は評価したい。ただ、今回は溜める競馬を示唆しており、良さが出るかは微妙なところだろう。

チューリップ賞2019の買い目
3連単:○▲⇒◎⇔○▲(4点)
3連複:○ー◎☆ー印(11点)
3連複:○ー◎☆ー▲△△(7点)
3連複:◎ー○ー▲☆△△(4点)
3連複:◎ー○ー▲(1点)

以上、チューリップ賞2019予想記事でした