【予想】皐月賞2019 ◎シュヴァルツリーゼ

皐月賞2019予想

中山芝2000mのコース適性値は、「瞬5平4消1」で瞬発戦を想定。過去5年は、瞬発決着3回、平坦決着2回でした

サートゥルナーリアの1強態勢にある今年の皐月賞。ただ、スプリングSや弥生賞が荒れ気味の結果となっているだけに、サートゥルナーリアからどの馬にぶつければいいか悩む方が多そう。

皐月賞はペースが流れやすく、ミドルペースからどれだけ脚を使えるかというレースになりやすい。そういうレースになりやすいため、このレースに挑むまでに締まったペースを経験した馬が好走しやすい傾向にある。

  • エポカドーロ
    ⇒稍重馬場のあすなろ賞で速めのペースで逃げて圧勝。2~4着馬は後方からの差し馬。
  • サンリヴァル
    ⇒ハイペースのホープフルSで4着。同レースは後方から捲りをかけてきた馬や差してきた馬が上位を独占するなか、番手から4コーナー先頭で進めて、4着とはいえ唯一前で好走していた。
  • ジェネラーレウーノ
    ⇒ハイペースで流れた京成杯1着馬。差し追い込み馬が上位を占める中、番手から勝ち切っていた。
  • アルアイン
    ⇒ハイペースで流れたシンザン記念において、直線では派手にドン詰まり+馬場の悪い内を進めて6着。まともなら馬券内もあったような内容。
  • ペルシアンナイト
    ⇒ハイペースで流れたシンザン記念において、直線で詰まり気味。進路も馬場の悪い内を選択し3着。
  • ディーマジェスティ
    ⇒ミドルペースで流れた共同通信杯1着馬。

とまあ、こんなところ。今年もこういうタイプが穴をあけそう。

皐月賞2019の印
◎:シュヴァルツリーゼ
○:サートゥルナーリア
▲:ダノンキングリー
△:アドマイヤマーズ
△:ヴェロックス
☆:ニシノデイジー

☆:ラストドラフト

◎シュヴァルツリーゼが本命。前走弥生賞は直線で馬場の良いところに出せて結果的に恵まれた形。だが、道中は前をカットされたりと不利も何度かあった。コーナーリングは下手で、直線も全く本気で走っていないような感じ。それでいて2戦目の重賞弥生賞で2着に来るんだから、能力は相当高そう。瞬発力もあるのは新馬戦で証明済み。追い切り時計もいいし、まとめて負かすなら同馬だろう。

○サートゥルナーリアが相手筆頭。ここまで三戦三勝でホープフルSの勝ち馬。勝ち方が大物感満載で、他の騎手も下手褒め状態。オッズがかなり厳しい状態だが、まあ有力なのは間違いない。負けたことがないこと、厳しい流れを経験していないことがどう出るか。

▲ダノンキングリーが3番手。前走はアドマイヤマーズを目標にしてきっちり差し切り。スローの瞬発力勝負を制した形でここには繋がらないが、その前のひいらぎ賞を加味すると、なかなかのもの。ひいらぎ賞はハイペースで圧勝しており、好走レンジがかなり広そう。内枠の戸崎はかなり買いづらいが、馬はかなりやれそう。

△アドマイヤマーズは、前走は瞬発力の差で負けただけ。今回は早めに仕掛けて持続力寄りにするだろうが、鞍上の調子が今ひとつ上がってこないのは大いに不安。どこまでやれるか。

△ヴェロックスは、2000m二勝しておりコース適性は高そう。鞍上も絶好調で如何にも走ってきそうだが、緩めのペースばかりで、皐月賞のペースに対応できるかは不安。ただ、立ち回りを問われれば馬券内にはきっちりいそうで、印はうっておく。

一応、ニシノデイジーラストドラフトは抑えておく。弥生賞は内が伸びない馬場であり、ノーカウント可能。ともに重賞勝ち馬でもあり、今回は前回よりも条件は好転するはずで、2、3着なら可能性は十分あるだろう。

皐月賞2019の買い目
3連単:◎⇒○⇒▲△△マルチ(18点)
3連単:◎⇒▲⇒△△マルチ(12点)

3連単:◎⇔○▲⇒○▲(4点)
3連単:○⇒☆☆⇔◎▲△△(16点)
3連単:◎▲⇒○⇒☆☆(4点)
3連単:○⇒☆☆⇔◎▲(8点)
3連複:◎ー▲ー△△☆☆(4点)
3連複:▲ー☆☆ー△△(4点)
馬 連:☆ー☆(1点)
ワイド:☆ー☆(1点)

以上、皐月賞2019予想記事でした