【回顧】セントライト記念2019 ◎タガノディアマンテ6人気6着

セントライト記念2019回顧

12.511.012.112.212.011.912.011.911.912.012.0
瞬発戦想定±0△1±0消耗戦

枠順や位置取りが明暗を分けた結果となった今年のセントライト記念。

内を回った馬のワンツスリー決着。見た目以上に外は不利な展開・馬場でした。勝ち馬は力が抜けていたような印象だが、2,3着馬は枠順位置取りに恵まれたような形なので、次走以降は注意が必要か。

1着(8)リオンリオン
⇒これまでの逃げから一転して番手からの競馬で結果を出せたことは大収穫。前哨戦としては120点の競馬で菊花賞に挑むこととなった。今回は距離短縮で結果が出たが、別に短縮が得意というわけでもないし、延長実績も豊富。まあ、今回は内の競馬で恵まれたということは考慮しておかねばならないか。

2着(2)サトノルークス
⇒近走結果が出ていなかったが、川田がわざわざ乗りに来るということで注目はしていました。それでも印打てるまでの根拠は見つけられなかった。非根幹距離もめちゃめちゃ走る印象で、今回は内有利なバイアスとも相まって条件は良かったんですね。母父サドラー持ちも道悪という点では合っていたか。

3着(1)ザダル
⇒同馬も内有利なバイアスを最大限に活かした好走だが、休み明けであま仕上げていなかった印象。一度叩いて良くなりそうな雰囲気はありますね。父トーセンラーも現役時は距離延長に強かったですが、同馬もきっちりその傾向を引き継いでいる感じ。こちらも菊花賞は楽しみでしょう。

4着(16)ルヴォルグ
⇒枠なりに外を回されたが、ルメールが上手く乗っていた感じ。直線は外からまとめて飲み込む勢いだったが、バイアスが内にあったため、伸びきれず。うーん、普通に強いですね。これも母父にサドラーの血が入っていることから道悪自体は悪くなかった。とにかく今回は枠の不利が大きかった。

5着(12)ニシノデイジー
⇒後方から大外ぶん回しで、さすがにこれでは勝ち切れない。なかなか強い競馬をしており、鞍上さえ変わればまだまだやれそう。と思っていたら、菊の鞍上はルメールに乗り替わりが発表されました。うーん、これでは妙味もへったくれもないですが、チャンスのある1頭でしょう。普通に好位付けして好走しそう…。

タガノディアマンテは、4コーナー前から捲る競馬。バイアス的には最悪の競馬で、よく6着に残ったなという印象。一番強い競馬しているんじゃないかとさえ思います。ただ、今回は得意の距離短縮だったため、次走延長なら割り引かざるを得ないか。

オセアグレイトは、距離延長で好走してきた馬。今回400mの距離短縮で道中のペースが合わなかったか。うーん、これを対抗に印打ったのは反省ですね。今回はローテ不利があったため、次走以降延長なら見直し可能だろう。

エングレーバーは直線で不利があったが、既に手応えが怪しかった模様。道中も掛かり気味であり、馬場やローテが全く合っていなかったか。

来年へ向けて

特にこれといった条件がないため、個々の適性を十分加味して予想していきたい。

以上、セントライト記念2019の回顧記事でした

【予想】セントライト記念2019 ◎タガノディアマンテ

2019年9月16日