【予想】セントライト記念2019 ◎タガノディアマンテ

セントライト記念2019予想

中山芝2200mのコース適性値は、「瞬5平5消0」で瞬発戦を想定。過去4年は、瞬発決着1回、平坦決着2回、消耗決着1回でした

菊花賞の前哨戦。抜けた馬はいないが、なかなかの好メンバーが集まった印象あり。求められる適性は持続力だが、それなりの瞬発力も必要。今回はリオンリオンがそれなりのペースでいくだろうし、持続力がしっかり問われそう。

セントライト記念2019の印
◎:タガノディアマンテ
◯:オセアグレイト
▲:リオンリオン
☆:モズベッロ

△:ザダル

◎タガノディアマンテが本命。近走は苦手な延長ローテでの出走だったが、強敵相手に大きく崩れていない。今回はきさらぎ賞以来の短縮ローテ。掛かりやすい馬で、このローテは非常に有利。ダービーは直線勢い付いたところで前が壁になる不利があり仕方のない結果。皐月賞でもローテ不利ながらラストはしっかり伸びてきており、能力は示している。鞍上は絶好調中の田辺で、ここは勝ち負けまで期待できるとみた。

◯オセアグレイトが相手筆頭。近走は怒涛の3連勝でここに駒を進めてきた馬。派手さはないが、使われつつレース内容も良くなってきており、ここでも十分通用しそう。好位から上がり上位の脚を使えるし、今回の重馬場でタフな条件はピッタリ。上がり馬なら同馬が最上位だろう。

▲リオンリオンが3番手。ダービーは大逃げするも、さすがにペースが速すぎた。今回は鞍上が戻るし、一息入って疲れも取れているはず。前に行ってしぶといし、青葉賞の走りだけできればここでは上位だろう。非根幹距離の実績も豊富で、ここは条件自体悪くない。

△ザダルが4番手。ここまで3連勝中だが2着馬との着差が小さいせいか派手さがない。それでも、逃げた新馬戦、出遅れから差し切った500万、直線で馬群を割ったプリンシバルSと柔軟性は抜群。どんな競馬でもできそうで、今回は内からロスなく回ってくる可能性大。あとは前さえ開けば馬券内の可能性は十分だろう。

☆モズベッロが特注。前走は上がりの掛かる馬場は良かったものの得意でない延長ローテだったが、上がり最速で突き抜け。今回は再度上がりの掛かる馬場で短縮ローテ。前走よりも条件は良さそうで、調子を取り戻しつつある鞍上で好勝負に持ち込めそう。

セントライト記念2019の買い目

3連複:◎ー◯▲☆△ー◯▲△☆(6点)
3連複:◎ー◯▲☆ー◯▲△(3点)
3連複:◎ー◯ー▲(1点)

3連複:◎ー◯ー▲△☆(3点)
3連複:◎ー◯ー▲△(2点)
3連複:◎ー◯ー▲(1点)
馬 連:◎ー◯▲△☆(4点)
馬 連:◎ー◯▲△(3点)
馬 連:◎ー◯▲(2点)
馬 連:◎ー◯(1点)
3連単:◎⇔◯▲⇒◯▲(4点)

以上、セントライト記念2019予想記事でした

【回顧】セントライト記念2019 ◎タガノディアマンテ6人気6着

2019年9月20日