【予想】神戸新聞杯2019 ◎レッドジェニアル

神戸新聞杯2019予想

阪神芝2400mのコース適性値は、「瞬8平2消0」で瞬発戦を想定。過去5年は、瞬発決着4回、平坦決着1回でした

神戸新聞杯というレースは、上がり3F決戦といっても過言ではないレース。過去5年、上がり3F4位以下で馬券に絡んだのは昨年のメイショウテッコンのみ。そのメイショウテッコンも、当レース上がり4位、前走、番手から上がり3位であった。とにかく末脚はしっかりしたタイプを狙いたい。

神戸新聞杯2019の印
◎:レッドジェニアル
◯:ヴェロックス
▲:サートゥルナーリア

◎レッドジェニアルが本命。前走ダービーは、京都新聞杯を距離短縮で激走した後の距離延長と厳しいローテ。距離延長を苦手とするタイプで、ローテーション的に厳しかった。それでも末脚は見所があり、今回は実績のある距離短縮。勝ち負けまでは厳しいかもしれないが、馬券内なら十分可能性あり。上位2頭にどこまで食い込めるか。

◯ヴェロックスが相手筆頭。前走ダービーは、内枠有利のトラックバイアスで13番枠は非常に厳しかった模様。それでもサートゥルナーリアには先着の3着。ここまで大崩れがなく、末脚もしっかりしているため、如何にも連軸向き。まともに走れば上位だろう。

▲サートゥルナーリアが3番手。前走ダービーは、レーン騎手と手が合わなかったような競馬。加えてトラックバイアスにやられた形で、決して能力で負けたわけではないだろう。2400mという距離は決して向いているわけではないが、距離延長からの同距離とローテーション的には悪くない。末脚もしっかりしているし、鞍上戻りでここは堅実に走ってきそう。

神戸新聞杯2019の買い目
馬 単:◯▲⇒◎(2点)
3連単:◯▲⇒◎⇔◯▲(4点)

以上、神戸新聞杯2019予想記事でした