【予想】京都大賞典2019 ◎ウラヌスチャーム

京都大賞典2019予想

京都芝2400mのコース適性値は、「瞬6平4消0」で瞬発戦を想定。過去5年は、瞬発決着3回、平坦決着2回でした

開幕週で馬場は軽めだが、ここはきっちりとスタミナが問われるレースになりやすい。距離に不安のあるようなタイプは評価下げでいきたいところ。

京都大賞典2019の印
◎:ウラヌスチャーム
◯:グローリーヴェイズ
▲:エタリオウ
△:エアウィンザー

☆:ダンビュライト

◎ウラヌスチャームが本命。近走は牝馬相手に勝ち切れないが、ルーラーシップ産駒で牡馬とのスタミナ比べの方が合いそう。距離延長も悪くないし、上がりの脚もしっかりしている。そろそろ完成してくるころだろうし、ここはきっちり狙って仕留めたい。

◯グローリーヴェイズが相手筆頭。前走天皇賞春はフィエールマンとの一騎打ちに惜敗したが、後続には決定的な差をつけていた。この舞台なら能力・適性ともに上位なのは間違いない。問題は調子の上がらないデムーロだろうが、デムーロ騎乗では4戦4勝と相性は良い。あとは極端な立ち回り勝負にならなければ馬券内には入ってくるか。

▲エタリオウが3番手。前走宝塚記念は苦手な距離短縮もあったが、天皇賞春で無茶な競馬をした分、疲れが残っていたような走り。今回は仕切り直しで距離延長ローテは好材料。まともに走れば勝ち負けだろう。

△エアウィンザーが4番手。掛かりやすい馬ではないため、延長ローテが極端に不利にはならないかもしれないが、スタミナ問われることを考えると、不安ではある。鞍上も不安しかないため、ここはこのあたりの評価が妥当か。

☆ダンビュライトが特注。とにかくキレ味勝負では全く用なしタイプで、スタミナが活かせるレースになるかどうか。想定しているレースになれば自ずと浮上してくるとみており、ここは抑えておきたい。

京都大賞典2019の買い目

3連複:◎ー◯▲△☆ー◯▲△☆(6点)
3連複:◎ー◯▲△ー◯▲△(3点)
3連複:◎ー◯ー▲(1点)

3連複:◎ー◯ー▲△☆(3点)
3連複:◎ー◯ー▲△(2点)
3連複:◎ー◯ー▲(1点)
馬 連:◎ー◯▲△☆(4点)
馬 連:◎ー◯▲△(3点)
馬 連:◎ー◯▲(2点)
馬 連:◎ー◯(1点)
3連単:◎⇔◯▲⇒◯▲(4点)

以上、京都大賞典2019予想記事でした