【予想】京都金杯2020 ◎ドーヴァー

京都金杯2020予想

京都芝1600mのコース適性値は、「瞬5平5消0」で平坦戦を想定。過去5年は、瞬発決着2回、平坦決着3回でした

かつての京都金杯といえば、内枠の馬か前に行ける馬を買えばよかったレース。それが最近では外差しも平気で決まりだして、一筋縄ではいかなくなりました。

今年は馬場が重めに設定されており、キレよりもパワーが重要でしょう。マルターズアポジーも参戦しており、ペースもそれなりに流れそう。

京都金杯2020の印
◎:ドーヴァー
◯:カテドラル
▲:ソーグリッタリング
△:ダイアトニック

☆:エメラルファイト

◎ドーヴァーが本命。前走は得意の不良馬場で内を突いて完勝。流れてのマイル戦に適性があり、冬場も得意。自身のペースを守りそうな鞍上とも合っていそうで、ここはもう一丁を期待したい。

◯カテドラルが相手筆頭。枠はやや外目だが、このヤネなら4コーナーから直線の合流地点で内を突く可能性大。ここまで戦ってきた相手を考えても、ここなら普通に上位に来るとみました。

▲ソーグリッタリングが3番手。大外枠で評価は急落。ただ、馬のタイプ的に大外をそこまで嫌う必要はないかと。安定して走っているし、これ以上評価は落とせないか。

△ダイアトニックが4番手。前走はローテ不利があってのG1であの敗戦も仕方ない。今回は同距離で挑めるし、ローテは悪くないです。あとはマイル適性ということになるが、マイルよりは1400タイプでそこがどうか。

☆エメラルファイトが特注。前走は枠順不利で参考外でオッケイ。富士Sでは差し追い込み決着を早め先頭で見せ場あり。あれくらい走れれば、今回も十分勝負になりそう。穴ならこれ。

京都金杯2020の買い目

馬 連:◎ー◯▲△☆(4点)
3連複:◎ー◯▲△☆ー◯▲△☆(6点)

以上、京都金杯2020予想記事でした