【予想】セントライト記念2017 ◎スティッフェリオ

セントライト記念2017予想

中山芝2200mのコース適性値は、「瞬5平5消0」で瞬発戦を想定。過去5年は、瞬発決着1回、平坦決着2回、消耗決着1回でした(14年は新潟開催のため除外)

菊花賞トライアルであるセントライト記念。コース適性値は、「瞬5平5消0」で瞬発平坦は同数。一応好走馬に瞬発馬が多いので瞬発戦想定としておきました。ただ、瞬発馬といっても特化型ではなく、平坦実績も兼備している方がベターだと思います

また、中山重賞なので過去傾向は5年間ではなく、改修後の2年間を見るべき。2年間の好走馬の傾向を探っていきます

ラスト3Fが11秒台の決着となった瞬発戦での好走実績

16年1着ディーマジェスティ
12.611.111.912.112.312.9-13.1-11.812.011.611.011.6
(東京優駿・東京芝24・3着)

13.0-11.612.112.612.812.712.711.811.011.5
(未勝利・東京20・1着)

16年2着ゼーヴィント
12.410.612.311.912.412.411.811.511.7
(ラジオNIKKEI賞1着・福島芝20・1着)

16年3着プロディガルサン
12.711.712.212.612.411.811.611.9
(新馬・東京芝16・1着)

15年1着キタサンブラック
12.711.612.4-13.1-12.812.011.811.211.5
(スプリングS・中山芝18・1着)

12.911.9-13.2-13.1-13.2-13.0-11.811.511.7
(新馬・東京芝18・1着)

15年2着ミュゼエイリアン
該当レースなし

15年3着ジュンツバサ
12.811.411.512.112.212.311.611.411.6
(500万・東京芝18・1着)

12.811.412.012.212.212.311.911.411.6
(未勝利・東京芝18・1着)

瞬発平坦同数のコース適性値なので、瞬発力と持続力ともに兼備しているタイプが好走しているのでは?との考えから、上記の傾向を探りました。要は、瞬発力(▼5以上)を繰り出した後、末脚が持続しているタイプの馬が有利ということです

唯一該当がなかったミュゼエイリアンは、ラップギアが瞬発平坦同数なので、これで引き上げられるか。今年の出走馬で該当は以下

アルアイン
12.110.812.211.712.212.411.911.411.411.7
(皐月賞・中山芝20・1着)

サトノクロニクル
12.711.112.812.4-13.1-13.1-12.712.611.611.511.6
(京都新聞杯・京都芝22・2着)

12.912.1-13.1-13.0-13.2-12.9-13.1-12.511.711.211.5
(水仙賞・中山芝22・2着)

サンデームーティエ
12.912.3-13.5-13.0-12.8-13.0-12.812.312.111.311.211.5
(500万・東京24・1着)

プラチナヴォイス
12.711.812.312.812.812.511.411.411.5
(萩S・京都芝18・1着)

ミッキースワロー
12.511.312.3-13.1-11.612.212.311.811.211.6
(500万・福島芝20・1着)

該当馬は上記の5頭。ここから本命を選んでもいいが、当初本命予定のミッキースワローがかなり人気被っててちょっと買いたくない。前走内容で他から選びました

スティッフェリオが本命。前走は古馬1000万で3着。勝負どころで内に包まれ仕掛けが遅れたのが敗因。勝ったのは、バルデスと相手も強かった。そこでそれなりの競馬ができているなら、ここでも通用するとみます。

サーレンブラントが相手筆頭。同馬も前走は古馬1000万で3着。勝ったのがキセキで、これまた相手が強い。それでも展開向かずで悲観する内容ではなかいか。

あとは、前走斤量に泣いたサトノクロニクル。妙味はないが、鞍上強化のミッキースワロー。穴なら、逃げればかなりしぶといサンデームーティエアルアインはかなり人気を被っているので、買いづらい。当然強いとは思いますけどね

印まとめ&買い目

◎:スティッフェリオ
○:サーレンブラント
▲:サトノクロニクル
△:ミッキースワロー
☆:サンデームーティエ

馬 連:◎ー◯▲△☆(4点)
ワイド:◎ー◯▲△☆(4点)
3連複:◎ー◯▲△☆(6点)

以上、セントライト記念2017予想記事でした