第63回 東京大賞典(2017)GⅠ

東京大賞典2017予想

[marker]東京大賞典は大井ダート2000mで行われるレース。過去5年は、瞬発決着4回、平坦決着1回でした。[/marker]

 

傾向的には15年こそ平坦決着となったが、基本的には瞬発決着濃厚といったところ。

 

過去5年の勝ち馬は、

 

16年1着アポロケンタッキー「瞬2平7消1」

15年1着サウンドトゥルー「瞬6平7消1」

14年1着ホッコータルマエ「瞬7平5消0」

13年1着ホッコータルマエ「瞬3平5消0」

12年1着ローマンレジェンド「瞬4平3消2」

 

となっており、昨年のアポロケンタッキー以外は瞬発平坦同数に近いタイプが勝ち切っている感じ。今回は、コパノリッキーが逃げ宣言。これを番手で進めそうなケイティブレイブインカンテーションがどれくらいで仕掛けていくかで結果は変わりそう。ケイティブレイブはさすがに瞬発力に寄った決着だと分が悪いと思っているため、なるべき早めに仕掛けるはず。ただ、福永さんなんで、怪しいところではある…。いずれにせよ、瞬発実績のあるタイプでないと勝ち負けは厳しいか。

 

本命は◎インカンテーション

前走武蔵野Sでも本命にしたが、今回も変わらず本命。その前走は、確かに展開的には恵まれたような形。それでも、ダート戦で安定して好位から進められるのは大きな武器。ゆとりのあるローテも好感が持てる。

7歳馬だが、度重なる怪我の影響もあってレースはあまり使えていないが、年齢的にその点はプラス。距離も問題なく、好位から進められるためここは馬券内濃厚。あとは、少しの運があれば頭まで。

 

相手は○ケイティブレイブ

器用貧乏タイプで、2,3着が指定席。鞍上の福永さんもあって頭は期待しづらいが、毎回きっちり走るので連軸にはもってこいか。「4-3-2-0」といった延長ローテが得意なタイプで、今回は狙い目。前走は苦手な短縮ローテ「1-1-2-5」での馬券外で気にする必要なし。本命馬との一騎打ち濃厚。

 

3番手は▲サウンドトゥルー

もう1頭買うならサウンドトゥルーか。前走チャンピオンズCは展開が向かなかったことが全て。ただ、後方から行くタイプで今回も再度展開向かない可能性がある。流れて後方の馬にも出番があれば同馬が飛んでくるだろう。

 

印まとめ&買い目

◎:(10)インカンテーション

○:(12)ケイティブレイブ

▲:(3)サウンドトゥルー

 

単 勝:◎(1点)

馬 連:◎ー○(1点)

ワイド:◎ー○(1点)

3連単:◎⇒○▲⇒○▲(2点)

 

◎○決着に寄せてます。◎ー○のワイドを買うかどうかはちょっと考えます。ぶっこむか敢えて買わないか…。